06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009.12.11 (Fri)

林檎を見るときの目

最近仕事が忙しい…
やるべきことがたくさんあるのに
そんなときに限って外出しなければならない仕事が入る…

でも心の底から思うことは、
「働ける職場があることに感謝」


忙しく働いて家に帰ると
ハリーの顔がまたしても…
1211-6.jpg
「痛いです

ハリーが目を痛がることには慣れているので
「今、目薬点してあげるね~」と言ったら
後ろでお兄ちゃんが
「今、薬点したところだよ」

えぇーっ
いつの間にそんなことができるようになってたの?
ハリーは目薬を見ると一度は逃げるけど
すぐに諦めて大人しくしててくれます。
でもお兄ちゃんにやらせたことは無かったし、
「薬を点してあげよう」と自分で判断したことに驚きました。

母親としては
息子の身長が伸びたり成績が上がったりするのも当然嬉しいですが、
心の成長が一番嬉しいです

その後、夕飯の支度をして散歩に行く準備をしたのですが
1211-1.jpg
「早く行こうよ~」

その顔で行くの?

1211-2.jpg
「ハーちゃん お留守番してなよ」

そうだよね…
今日はピコりんだけ行こうか…

1211-3.jpg
「ダメー! 絶対僕も行く!」

仕方がないのでハリーも一緒に行きました


散歩から帰り、
夕食を食べた後、私達が林檎を食べていると
1211-5.jpg
「いい子にしてるから いっぱいちょうだいね」

もらえる瞬間を見逃さないように
痛い目を頑張って開けますが
半分しか開かないハリー…

林檎を近づけると…
1211-4.jpg
「それ僕にくれるの?」

目が三角になってる

ちゃんとあげるから無理に開けなくていいよ



スポンサーサイト

テーマ : キャバリア - ジャンル : ペット

12:00  |  日常  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

こんにちは~
痛々しいですね。
よく目がなるみたいですね。
偉いぞ!お兄ちゃん!こんな時って犬も良く見ていて言う事を聞いてくれますよね~
そんな所もいじらしくて可愛いです。
ママさんにリンゴを沢山貰ったかしら?
ハリー&ピコちゃんは、大人しく待っているから偉いよ!
ウチのマリララは、マリーはテーブルをガリガリ引っ掻いてララはテーブルの周りをグルグル走ってます。
はあ~ 静かにゆっくり食べて見たいで~す。
りぼん |  2009年12月11日(金) 14:54 | URL 【コメント編集】

今晩は~
ハリーちゃんも目ですか・・・
もなかも3種類の目薬を1週間以上つけててやっと良くなってきました~
あまりにも角膜に傷がついたり、結膜炎になるので調べてもらったらドライアイ・・・しかも涙の量が極めて少ないのが原因でした・・・
瞳につける軟膏がいいみたいなんだけど、私が薬アレルギーをもってるのでまず私がこの軟膏のアレルギーがないか調べてくるように言われちゃいました><
以前、もなかにだした抗生剤が私には合わなくて救急車で運ばれたことがあったので・・・恥ずかしい・・

でもお兄ちゃん偉い!!
ハリーちゃんが可愛そうで頑張ったんだね~^^
ハリーちゃん、目薬が早く効きますように。。。
もなきゃん |  2009年12月11日(金) 22:08 | URL 【コメント編集】

★りぼんさんへ

ハリーは目のトラブルが多いんですよ~

大人しく待ってるのは
「待て!」って言われた後だからですよ…
私が林檎の皮を剥き始めると
ハリーもピコも「ワンワン」うるさいから
毎回「待て」を言わないといけません…
でも、賑やかでいいですよね(^^)

LATTECO |  2009年12月12日(土) 06:26 | URL 【コメント編集】

★もなきゃんさんへ

もなか君、ドライアイだったの!?
目薬が手放せないね…

もなか君の治療でママが救急車だなんて(*_*)
大丈夫だった?
アレルギーは怖いからね~
気をつけてね!

ハリーの回復はとても早く、
いつもの丸い目に戻ってます♪
LATTECO |  2009年12月12日(土) 06:34 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hapico6338.blog58.fc2.com/tb.php/170-db259987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |