05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010.03.18 (Thu)

こんな当たり前が幸せ

私は仕事をしているため
平日の朝のお散歩はAM5:45ごろに行きます。
冬の間は寒い上に真っ暗…
星空を眺めながら朝の散歩をしていました。

でも最近は日の出時間が早くなり、
散歩に行くころはだいぶ明るくなってきたので
昨日の朝はカメラを持って散歩に行きました。

明るい空の下を散歩できるって幸せですね~
“明るい”ということだけで心が弾みます。

100318-5.jpg
「早朝の散歩は気持ちがいいねぇ~」とでも思っているのか
歩くのが早すぎる
ハリーは前半で体力を使いすぎてしまい
後半は私とピコについてくるのがやっと…なんて事もたまにあります。
だったら最初からゆっくり歩けばいいのに(-_-;)
最近はハリーとピコの体力の差が大きくなったため
獣医さんから「別々に散歩したほうがいい」と言われ
夕方の散歩はなるべく別々に行き
それぞれの体力に合った運動量を歩くようにしています。
でもね… 朝はね… 時間が無い


ハリー、ちょっと止まって休憩する?
100318-3.jpg
「うん… 疲れた…」

100318-4.jpg
「私はまだまだ大丈夫よ!」


「明るい空の下で2匹一緒に仲良く歩く」
そんな日常的な当たり前のことを
“幸せ”と感じた朝でした。


そして、
ピコのささやかな幸せ。

それは…

100318-1.jpg
「美味しそうなおやつがいっぱい

ピコりん
食べちゃダメ

100318-2.jpg
「新鮮な葉っぱは美味しいのよ

暖かくなり青々とした雑草も増え、
ベジタリアン・ピコから目が離せなくなりました…

でもね、
100318-7.jpg
ピコにとっての一番の幸せは
散歩中に雑草を食べることより
大好きなハリーと当たり前のように一緒にいること……かな?

スポンサーサイト

テーマ : キャバリア - ジャンル : ペット

14:00  |  日常  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

今晩は~
だいぶ日の出も早くなって散歩も明るい中行けるようになって良かったですね~^^

そっか~体力の差がでたらその事も考えてあげなければいけないんですね・・・
勉強になりました。

今は毎日ナッキーの世話で・・・少々ばて気味・・・
夜中のトイレの始末、離乳食の準備
朝昼晩6種類もあるなんて・・・こんなにあげるなんて~びっくり!
贅沢な時代になってたんですね~

早くハリー&ピコちゃんのように一緒に散歩出来るようになりたいなあ。
もなきゃん |  2010年03月18日(木) 20:34 | URL 【コメント編集】

★もなきゃんさんへ

ホント…
朝だけでも明るい時間に散歩ができるようになって嬉しいです。

ピコがうちに来たときはちょうど2ヶ月だったけど
ブリーダーさんに「ふやかしたフードを1日2回」って言われて
その通りやってたなぁ~。
だから楽だったけど…
考えてみるとその頃からよく胃液を吐いてた…
6種類はちょっと大変だと思うけど、頑張ってね!(^^)!

もなか君とナッキー君が仲良く歩いてる姿、私も早く見てみたい(^^)
LATTECO |  2010年03月19日(金) 09:49 | URL 【コメント編集】

朝早くからのお散歩大変ですね。
私もフルタイム働いているので、一日一回のお散歩で済ませています。
見習わなくっちゃ!

それに体力の差が出てきたら、別々のお散歩にした方が良いなんて・・・
とっても勉強になりました。
有難うございます。
rovinpopo |  2010年03月19日(金) 13:54 | URL 【コメント編集】

★rovinpopoさんへ

rovinpopoさんもお仕事されてるんですか~
仕事から疲れて帰った時、
大喜びで迎えてくれる存在がいるっていいですよね♪

お散歩…
私も1日1回にしたいのですが、
ハリーはうん〇を外でしかしないので
なるべく2回お散歩に行くようにしています。
でもハリーの夕方の散歩は10~15分くらいですけどね(^_^;)
LATTECO |  2010年03月19日(金) 16:00 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hapico6338.blog58.fc2.com/tb.php/238-63559894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |